紫外線対策

紫外線には、動物とか植物に対して色んな影響を与えたり作用したりする特質が有るんです。
とりわけ話題になるのが人体への影響でしょう。

 

なおこの紫外線とは英語では文字通りにUltra-VioletであってUVという略称で知られてよく使われています、皆さんもご存じでしょう。
ここで7色あるといわれる美しい虹を想像してみましょう。

 

あの弓なりの美しい虹は英語では”Rainbow”(レインボウ)といい、”雨の弓”であって確かに実際の虹は雨上がりに多く見られるようです。
そのもっとも内側が紫色になっておりますので、そのさらに内側の光線がここでいう紫外線に相当するわけです。
波長が普通の目に見える可視光線より短くて、かつX線より長いというものであって目には見えない輻射線の形態となっています。

 

すなわち太陽スペクトルでは紫の内側に現れるものなんです。
人体が直射日光に長時間さらされると、光電効果(光線を電流に変化させる特質があります)や殺菌作用があり、とくに人体では女性の日焼けの促進さらにはビタミンDを強く生成するなどの化学作用もあるのが大きい特質となっています。

 

さらに紫外線自体には、その波長の長いほうからUVーA・B・C順とに区分されており、色んな生物に悪影響を及ぼすのがとくにUVーBとされています。
このように紫外線は非常に特殊な性質をもっていますので、植物の成長には欠かせないものの、とりわけ人体では女性にとっては美容と健康を損なうものですから、なんらかのグッズによって紫外線を遮断して対応せねばなりません。